スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリファンなら

c0168209_193414100.jpg
未来少年コナン」を見るべきであります。


てかこれを見ずして宮崎駿を語る資格はないと言っても過言ではないです。ほんと。



「未来少年コナン」は宮崎さんがジブリとかつくる前にNHKでやってたテレビアニメです。



男の子の前に突然女の子が現れて、さらわれて、取り戻す。ストーリー的にはラピュタに近い感じ。



主人公のコナンは戦闘力で言ったらアシタカをも超える宮崎アニメ史上最強の少年。大人十人ぐらいを持ち上げたり、手錠を素手で破壊したり、最後には超巨大戦闘機を仲間と共にたった三人で落とします。顔や動き方はパズーにかなり似ています。前半の野生児的な感じから、後半の頼れるリーダーへの成長がこのアニメの見所でもあります。



対照的にヒロインのラナはひどくキャラが弱いです。テレパシーが使えますが
宮崎アニメのヒロインとしては物足りない感じがします。声もおばさんっぽいんであんまり好きじゃないです。そこが弱点ですね。シータ並みの魅力が欲しかったです。



宮崎アニメには主人公と同性で年が同じくらいの脇役ってあまり出てこないんですが、この話ではジムシーという個性的なキャラが大活躍します。コナン並みに強くて物語の前半からラナを救おうとするコナンを支えます。他にも脇役に魅力的なキャラが多く、船長のダイス、飛行士のモンスリーは物語の初めでは敵キャラですが、あっさり裏切りコナンの味方になり、ジムシーとダイスはコナンと共に巨大戦闘機のギガントと戦います。



敵はインダストリアという国の指導者レプカです。
41KTH50N8AL.jpg

エネルギーの復活の為にカギを握るラナを狙いますが、かなり間抜けです。口癖は部下に対して言う「うろたえるな」。

ちょっと太めですがおそらくムスカ大佐のモデルではないかと思われます。てかどうやらレプカはムスカ大佐の子孫っていう設定みたいです。ムスカ大佐妻子持ちだったんですね(笑)

他の仲間にはことごとく裏切られますが彼は最後まで悪役を貫きます。悪役にはお決まりの「死んだと思わせて実は生きてた」攻撃も使ってきますが最後にはギガントと共に海のもずくになります。




この作品を見た後にラピュタのパズーやカリオストロのルパンの動きがコナンの動きにしか見えなくなったり、宮崎アニメの至る所でコナン的な要素が見られるのでとても面白いです。




宇宙戦艦ヤマトや一休さんと同じ1978年制作ですが、それらと比べて絵はものすごくきれいです。人の動きが滑らかでさすが宮崎駿の仕事です。




物語の舞台が最終戦争でほとんどの人類が滅亡した2030年くらいの話なので、人が生きていく上での農業の大切さが強調されているのも農学部的にはものすごくいいです。最終的にもコナンは漁師、ジムシーは養豚家になるっていうのもまたいいですね。



小学生ぐらいのときには風邪を引いたり夏休みになるたびにビデオで見てたんですが、最近また見たくなってネットで探したら見れたんで全部見ちゃいました。やっぱり面白いです。そしてネット万歳。


見た事ある人はジブリファンを公言する事を許します(笑)そして見た事ない人はveohってサイトでfuture boy conanと検索すれば無料で見れるので是非。
スポンサーサイト
楽天の広告です
ブログランキング
ブログランキング参加してます。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 イラストブログ アニメ・漫画タッチへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー選手応援へ
amazonの広告
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。